理学療法士の収入

国家試験に合格することが条件となる理学療法士は、医療系に携わる仕事であるため、高待遇であるイメージがありますが、それほどでもなく、勤務先によっては同年代の平均収入よりも下回ることもあります。一般的に月収23万円~27万円、年収350万円~500万円ほどと言われており、正規、非正規など雇用の形態によっても違いが生じます。

希望の大きな総合病院などでは待遇がよかったり、高齢者や障害者施設によっては若干給料が落ちたり、など、職場やケースによってさまざまです。もちろん就業時間や就業日数によっても給料に差が生じます。理学療法士と並べられることが多い作業療法士の給与水準もほぼ同じであると言えるでしょう。

理学療法士の給料は、一般の職業と比較すると昇給の際の上がり幅が小さいとも言われています。初任給の額が基本となるため、就職先を選ぶ際には十分に吟味する必要があるでしょう。理学療法士とともに作業療法士などの他の資格を取得したり、役職に就いたりすることによって収入の大幅アップを図ることもできます。しかし、失われた体の機能を回復したり、高齢者の体力の維持に関わったりする仕事であるため、給料だけでなく強い使命感や優しさがないとできない仕事と言えます。