理学療法士の職場

理学療法士の仕事内容は多岐に亘るため、さまざまな活躍の場があります。一般的にイメージされるのは病院でしょう。病状の変化によって、急性期や回復期、慢性期などという段階に応じた治療が行われる病院には多くの入院患者がおり、病室のベッドで、専用のリハビリ室で、機能を回復するためにさまざまなリハビリテーションを行うことがあります。脳神経外科、整形外科、心臓外科、内科、など対象疾患は多岐に亘り、身体の機能回復だけでなく体力の低下予防や維持、増進のためにリハビリを実施することもあります。

個人病院の外来では、主に整形外科の治療の一環として行われることがあります。リハビリは、理学療法士だけでなく、作業療法士や言語聴覚士、医師や看護師など、さまざまなスタッフが連携して行うものであり、チームワークも求められます。 理学療法士は、病院だけでなく老人福祉施設などの高齢者を対象した施設で働くこともあります。寝たきりを防ぎ、自分でできることを増やすことを目的として、体力や能力の維持を目的としてリハビリを行うことが多いものです。

理学療法士の介入により、歩けるようになったり、食事介助が必要となくなったりする方も多く、本格的な高齢化社会が到来することを考えると、これからもニーズの高い仕事であると言えるでしょう。また、地域の保健センターや企業のサポートなど、近年、理学療法士の職場はますます広がっており、スポーツ選手を専属でサポート・ケアする理学療法士が活躍する時代にもなっています。


● ピックアップサイト~理学療法士~ ●
理学療法士が活躍する場は幅広くあります。それに伴い、知識や経験だけでなくチーム力や患者さんとのコミュニケーション力も必要です。こちらの専門学校では、理学療法士に関する勉強だけでなく、サークル活動やボランティア活動なども充実しています … 理学療法士 専門学校